環境法務

 

 契約書の全般的なチェック
 

 現在、顧問企業様から契約書のチェックを依頼されることが増えています。

  「新規の取引を始めるにあたって、基本契約書をチェックして欲しい」

  「取引先の業績が悪化しているが、この契約書で債権回収できるか?」

 といった相談が増えています。

 こういった相談に対して、当事務所では、

 「個別の契約書だけをチェックするのではなく、それ以外の契約書も全般的にチェックする」

 という方法をお勧めしています。

 

 メリットとしては

 ①問題となっている契約書だけでなく、それ以外の契約書についても全般的にチェックすることより、潜んでいるリスクを洗い出すことができます。

 ②一つの契約が他の契約や請書等と相互に関連している場合もありますので、その点もチェックできます。

 たしかに、契約書の全般的なチェックとなると、契約書を引っ張り出してくる作業が大変ですが、一度出してきて整理すれば、その後の契約更新等の作業が楽になります。

 

 契約書のチェックに関してご質問等ありましたら、一度ご相談下さい。(→相談)